ブログ

アトリエ建築家の方との打ち合わせ【権常寺町K様邸_進行状況】

アトリエ建築家の方との打ち合わせ ~アズデザインの家づくりのステップ

はいさい!

先日今進行中の案件、権常寺町に建てられるK様のアトリエ建築家の方との打ち合わせがありました!(ちなみに2回目の打ち合わせです)

アズデザインの家づくりでは、いわゆる『アトリエ建築家』と呼ばれる住宅建築のデザインを専門にやってらっしゃる方に設計をお願いするので、その建築家の方とおうちを建てられる施主様と我々と、打ち合わせを行います。

打ち合わせ

そもそもアトリエ建築家って誰?どんな人?

ものすごーく簡単にわかりやすーくいうと、某テレビ番組『劇的○フォーアフター』的なヤツに出てくるような、建築家の方です。笑。

アトリエ建築家ってくくりはすごーく、漠然としてるくくりなんですが、一般にいうと、工務店やハウスメーカーに属さない、独立系の一級建築士のことを指します。

中には商業ビルやオフィス、公共施設などの設計を主に手がける建築家もいれば、一戸建てや集合住宅を得意とする建築家もいます。

 

あの、オリンピックのスタジアム建設のデザイン選定の時もいろいろな建築家の方々が話題になりましたよね~。

 

アズデザインがお願いする「R+houseのアトリエ建築家」は、上でいうところの一戸建て住宅を専門とする”建築士の方々”ですね。

一戸建て住宅が専門なので、

住まれる方それぞれのライフスタイル趣味価値観、そして将来のライフスタイルの変化まで見据えた柔軟性のある住み心地のいい空間をデザインしてくれます。

 

そうそう”建築士の方々”と言いましたけど、毎回施主様によって建築家の方は変わります。

全国のアトリエ建築家の集団で『マイスターズクラブ』というところに所属されている建築家の方の中から来ていただきます。

このマイスターズクラブに入るのも厳しい試験があるそうですよ~💦

 

今回の建築家は長江先生~!

今回は岡山県より長江紅美先生に来ていただきました。

長江紅美

すごく気さくな方で、施主のK様も話しやすそう~

 

1回目の打ち合わせ(ヒアリング)で、K様夫婦の人となりやライフスタイル、趣味などをヒアリングされ、2回目の今回は設計プランと、その模型!をもってきてくださいました。

 

平面の間取り図よりも模型はイメージしやすいね!

建築プラン_模型

100分の1で結構精巧に作られているので、図面で見るのと違って、すごーくイメージしやすいですよね!

間取り図だけではイメージしづらかった空間の広がりや生活導線もイメージが膨らみます!

説明を受けるKさん夫婦

模型を見ながら長江先生のプレゼンを聞いて、ご主人様は、

 

『と、とりあえず何も言うことがない!』

 

とおっしゃってました笑

 

 

今回は、この模型も持ち帰っていただいて、いろんなイメージをしてもらって、『ここはこんな風にしてほしいな』とかがないか考えていただきます。

そして、次の打ち合わせ時には、もうプランは最終決定へと進みます!

 

建築家先生との打ち合わせは、基本3回!となっています。

3回って少なそうですけど、そこはやっぱり住宅建築デザインを専門にするアトリエ建築家だけあって、K様ご夫妻のライフスタイルや趣味などのヒアリングする力と、それを形にする力がすごいんでしょうね~。

 

K様夫婦も現段階ですでに大満足のプランとなっていたようでした。

 

【番外】お子様も真剣に聞いてるwwむしろ一番真剣に聞いてるw

pagetop