施工事例

case2 明るい光が優しい家

私「ご予算はいくらぐらいでお考えですか?」

施主(奥さま)「全部(土地・建物・諸費用)で2,300万円くらいかな?♡」

私「そうなんですね〜。・・・無理。。かな?」^_^;

・・・と言う訳で家づくりスタートです。

 

 

 

 

今回の家づくりの計画でもまずは正しい予算把握というところから進めて行きました。

まずはFPを使った現状把握と将来的なお金の計画を立てさせてもらいそれに基づき全体の予算の算出。家族構成などから必要な建物のボリュームを出し、建物の予算決め。次に家を建てると必ずかかる諸費用。最後に余った予算が土地の予算。という順番で進めて行きました。

予算が決まり、陽当たりの良い開けた土地にも出会うことが出来。

家はその環境の良い土地に合わせた明るい光をたっぷりを取り入れる計画にしました。開けた中にもプライバシーを確保できる工夫をお庭に採用しています

玄関に入ると横一面天井いっぱいのクローク。

靴以外にもお庭の道具や子供のおもちゃなどたくさん入ります。間口が広いためウォークインタイプのSCよりも一目で収納内部が見渡せて取り出しやすい為とても収納として使い勝手に優れています。

キッチンとダイニングの上部を吹き抜けにすることでごはんの時間が明るく楽しいものになりました。

ダイニングキッチンの上の吹き抜けに面した2Fの廊下には子どもたちの勉強スペース兼ご主人の書斎。ごはんができるといい匂いと共にママの優しい声が聞こえてきます。

 

寝室には好きな色を使ってお気に入りの照明と柔らかな光を通すレースのカーテンを配置。好きなものに囲まれた生活は目覚めた時から気持ちよく始まります。

 

 

夕暮れに浮かぶ、あたたかい光があふれる家。

足るを知る、かわいい住人。

明るい光が優しく家族を包む家。

丁寧につくり丁寧に暮らすそんな家づくりの方法を提案しています。

つづく

pagetop