ブログ

【注文住宅で後悔しないために】知らないと怖い建築会社の倒産リスク!「住宅完成保証制度」を利用して安心して家を建てる方法教えます

これから注文住宅を建てようと計画している人は、ハウスメーカーや工務店などを回ってデザインや価格・性能・住宅ローンの支払いや金利etc・・家を建てる上でのメリットやデメリット・リスクなど色々とリサーチしてると思います。その中でも特に大切なのに、意外と知らない人が多いリスク「建築中の建設会社の倒産リスク」。土地も決まりプランも納得でき、工事に着手すると夢のマイホームづくりが始まったワクワク感でいっぱい、楽しい妄想が膨らみます。しかし、着手金を払ってこれから着工というときに、依頼した工務店やハウスメーカーが倒産してしまう、といったリスクは無い話ではありません。

 

実際に以前私が働いていた住宅会社は倒産して多くの人を地獄に落としました。。私もお客様のために、少しでもできることはないかと考えて必死でした。ただ、お客様のために力になりたいと思っても、私自身突然職をなくし収入ゼロ。自身の住宅ローンを抱えながら、生活もままならない状態。この世に地獄って本当にあるんだな〜と思ったのを覚えています。それがきっかけでこのAs designを立ち上げるのですが・・と話が外れたので元に戻します。そのときの詳しい話はこちらから←

 

工事がストップした上に、お金も戻ってこないという”この世の地獄”状態。そんな最悪な状態を回避するために「住宅完成保証」という制度を利用しましょう。ちなみに上記の倒産した会社は「住宅完成保証制度」に加入してませんでした。ほんとに最悪です。・・私よく生き延びれたな。。

そんな注文住宅建築の命の綱「住宅完成保証制度」それがどういうものなのか知らない人のために内容と活用方法について説明したいと思います。

家を建てる前に必ず加入の有無をチェックしてくださいね!!!!!!!!(必死)

 

読むのが面倒という方はこちらの動画をチェック↓ (所要時間約10分)

住宅完成保証制度とは

住宅完成保証制度」とは、注文住宅の建築中に工事請負会社が倒産して工事がストップした場合に、発注者(施主)が最小限の負担で完成まで工事を進めることができる制度のことです。

では実際に、建築中の建築会社が倒産するとどのようなことが起きるのでしょうか。

手付金や着手金など支払済のお金が戻ってこない

会社が継続困難になっている場合、その会社にお金はありません。工事の出来高よりも多く支払っていたとしてもお金が戻ってくることはありません。それどころか、出来高よりも支払い金額が少ない場合は破産管財人から差額を請求されるケースもあります。

中断した工事を引き続いて請負ってくれる会社がみつかりにくい

同じ木造住宅建築会社と言っても、会社によって性能やデザインが違うと工法や材料・仕上げる順番など様々です。工事途中の物件の現状把握をするだけでもかなりの時間と労力がかかります。予期せぬ危機的状況の中、資金も潤沢にあるわけでは無いケースが多いので、引き受けてくれる会社を見つけるのは大変むずかしいです

引き継いで請負ってくれる会社が見つかっても割増料金が発生する場合が多い

それまで工事をしていた協力業者や職人などが現場から全て撤退しているので、元々あったものも再設置が必要になります。その場合、二重に費用がかかります

 

そもそも工事代金の残額では工事代金が足りない

工事の進捗によっては、まだ支払っていない資金(中間金や最終金)を使っても最後まで建築するには足りない可能性も大きいです。そうなると、建築途中のまま残された中途半端な建物と土地と支払い期限のせまったつなぎローンが残ります家が完成しない、これが一番最悪のケースです。

「住宅完成保証制度」は工事中のリスク回避の命綱

住宅完成保証制度では、事前に決められた保証内容を利用して住宅の完成まで工事を進めることができます。提供している団体によって保証内容や支払いの仕組みなど様々です。具体的にいくら保証されるかは実際に建てる会社に確認しておく必要があるのでしっかりチェックしましょう

保証制度の種類

住宅完成保証制度は大きく分けて3つのタイプに分けられます。

保険タイプ

保険タイプは、会社が保険料を支払って支払済の工事代金と出来高の差額などの損害を一部補填するのものです。「住宅保証機構」が扱う住宅完成保証制度やリクルートの「スーモカウンター完成あんしん保証」などがあります。希望する場合は工事引き継ぎ会社の斡旋なども行ってくれます。

エクスロー(第三者預託)タイプ

住宅ローンで借りた建築資金を保証会社が預かって、工事の出来高に応じて建築会社に支払うことで損害を最小限に抑えることができる仕組み。

共済タイプ

全国の建築会社で団体を作り、加盟店が倒産等によって工事を継続することが不可能になった場合、近隣の加盟店が協力して工事を引き継ぎ、完成の支援をするサービスです。ちなみに、As designではこの共済タイプの「R+house」の加盟店で設立された「R+house完成保証サービス」に加入しています

※R+houseについては、こちらを参照ください。

 

保証制度の利用方法

住宅完成保証制度を利用するためには、建築を依頼する会社がその制度に加入していることが必須条件になります。そもそも、この制度は法律で義務付けられているものでは無いため加入していない会社も多く存在しています。制度を利用したい場合は、実際に工事を依頼する建築会社や工務店に制度に加入の有無と保証内容を確認の上、手続きを進めてもらいましょう。

基本的に、会社が入る保証制度のため建主に費用の負担はありません。ただし、工事代金に含まれている場合もありますので契約時に確認してみてください。

建築中の倒産リスクを回避するために

家を建てて後悔しないために倒産しそうな会社を見分けましょう

いくら完成保証制度に入っているからと言って建築中に倒産なんてイヤですよね。倒産しそうな会社というのは基本的にお金がありません。着手金で多額の金額を請求してくるような会社は危険です。通常注文住宅では支払いを3回に分けて行うことが一般的です。

  1. 着工前に着手金(30%前後)
  2. 上棟後に中間金(30%前後)
  3. 完成時に最終金(20〜40%)

それを大きく超えるような「最初に全額支払ってほしい」などと請求された場合は注意が必要です。言われるがまま支払わずに誰かに相談しましょう。

どんな会社でも倒産する可能性はあります!

完成保証制度に加入するためには、保証会社が経営業況などを調査して審査をクリアした、信用上問題ないと判断された会社しか加入できませんしかし、そういった会社でも倒産してしますことはあります。どんなに大きな企業でも震災や世界情勢など予期できない事態で経営状況が悪化して、融資ストップで事業継続ができなくなる、なんてことも考えられます。着工から完成まで何ヶ月もかかる注文住宅の建築。最初は大丈夫でも途中で思わぬ事態に陥ることも。「大きな会社だから絶対大丈夫!」なんてことはありません。少しでもリスクを回避して家づくりを進めていくために保証制度を利用して備えたいですね。

 

この記事を書いた人

亀野 明子

 

家づくりで一番大切な事って知ってますか?

みなさんこんにちは!

これから新築・注文住宅を建てようと思った時に何から始めますか?

 

みなさんはお家を建てようと思ったときにまず何から始めたら良いか知っていますか?

私は普段、家づくりの相談を受ける中で初めてお会いするお客様にいつもさせていただく質問があります。

「家づくりどこまで進んでますか?」

こう質問をすると

「まだなんとなく欲しいなと思ってるだけでとりあえずメーカー回ってます。」や

「もう何年も土地探してます。けど全然見つかりません。。」

など、みなさんの家欲しい歴は様々です。

ただ、その中でみなさんに共通する事があります。

それは家づくりの順番を間違ったまま進めている方がとても多いという事です。

 

一般的に家づくりの順番って

①土地を探す

②家を建てる会社を決める

③プランを考える

④予算に合わせてプランを再検討

⑤契約

⑥工事スタート

⑦完成

⑧お引越し・住宅ローン返済スタート

っという感じでしょうか?

もしこの流れで家づくりを始めてしまったら、それは出口のない迷宮への入り口です。

満足度の高い家づくりには正しい順番があります。

この正しい順番を把握する事が家づくりの成功を大きく左右する秘訣です。

多くの人にとって家を買うということは人生の中でもっとも大きな買い物です。

その大きな買い物をなんの準備もなしに買うことはとても大きなリクスです。

とは言え

「順番も大事かもしれないけど土地が見つからないのに家なんか建てられないじゃん。。」

その通りです。土地がないと家は建てれません。

ただ、家を建てるための土地は「探す」ものではなく「選ぶ」ものなのです。

土地探しをされていて「いい土地」が見つからないと言っている方の多くは実は

「自分たちが快適に暮らすための家を建てるのにふさわしい土地の基準」

というものが不明確なまま時間ばかり過ぎているというケースが多いのです。

不動産屋さんがいう「いい土地」とみなさんが家を建てて住む為の「いい土地」とは基準が違います。

自分たちにとって「いい土地」をしっかり選べるように正しい判断基準を持ちましょう。

家づくりには正しい順番があります。

正しい順番で家づくりを進めると不安がなくなり家づくりを本当に楽しむ事ができます。

楽しいくて満足度の高い家づくりみなさんもはじめてみませんか?

 

 

 

As design|アズデザインは家を手に入れて本当に満足して欲しいと考えています。

その為に定期定期に家づくりの勉強会を開催しています。

新築・注文住宅でも中古を購入してリノベーションでも

一生に一度の大切な住まいの選択を間違わない為に

是非一度ご参加してみてください⭐️

賢い家づくり勉強会へのご参加はこちらから☜

代表者氏変更と住所変更のお知らせ

私事ではございますが、このたび婚姻により氏を古田より亀野へと変更いたしました。
また、本社を下記住所に移転することになりましたので併せてご高承くださいますようお願い申し上げます。
これからも、一層お客様に満足していただける家づくりをご提案して参りたいと思います。
何卒、引き続きお引き立てを賜りますようお願い申し上げます。

 

代表者氏変更:旧)古田明子 →  新)亀野明子

新住所:〒857-0027長崎県佐世保市谷郷町1-24

 

令和元年11月吉日

As design代表取締役 亀野 明子 (旧姓古田)

解体工事★定点観測!【権常寺K様邸】

解体工事を定点観測してみました!

権常寺町のK様邸の新築工事に先立って、取得した土地(古家屋あり)の解体工事を行いました!

 

およそ2週間で解体できました。

その模様をなんと、定点(といっても、だいたいの定点ですけどw)から毎日観測してみましたので、すっごい地味ですがパラパラマンガのようにしてお楽しみください笑

解体初日…まずは中の畳などから始めます

二日目…外の見た目は変わってないですねw



こうやって更地になってみると、とっても広く感じますねっ!

いよいよ新しい家の着工かと思うとワクワクしてきます!!

(施主様の方がもっとワクワクしているはずですが。)

 

このあと、地盤調査と続きます!

 

As designのゼロ・エネルギー化への取り組み

ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)とは

ZEH(略してゼッチ)とは、「快適な室内環境」と「年間で消費する住宅のエネルギー量が正味概ねゼロ以下」を同時に実現する住宅のことです。

経済産業省では、「2020年までにハウスメーカー等の建築する注文戸建住宅の過半数でZEHを実現する」という政府目標の達成に向け、課題と対応策を整理した「ZEHロードマップ」を関係省庁等と共に策定(2015年12月)し、当該ロードマップに基づき普及に向けた取り組みを行っています。

2020年度までのZEHの年間棟数目標設定について

「As design株式会社」は『平成28年度 住宅・ビルの革新的省エネルギー技術導入促進事業補助金(ネット・ゼロエネルギー・ハウス支援事業)』の交付要件である『ZEHビルダー』登録申請を行い、ZEHの普及に取り組んでまいります。

2020年度までのZEHの普及目標と実績

As designの2020年度までのZEHの年間棟数実績と普及目標は以下の通りです。

2016年度 2017年度 2018年度 2019年度 2020年度
年間棟数:0件 年間棟数:0件 年間棟数:2件 目標値:70.0% 目標値:80.0%

アトリエ建築家の方との打ち合わせ【権常寺町K様邸_進行状況】

アトリエ建築家の方との打ち合わせ ~アズデザインの家づくりのステップ

はいさい!

先日今進行中の案件、権常寺町に建てられるK様のアトリエ建築家の方との打ち合わせがありました!(ちなみに2回目の打ち合わせです)

アズデザインの家づくりでは、いわゆる『アトリエ建築家』と呼ばれる住宅建築のデザインを専門にやってらっしゃる方に設計をお願いするので、その建築家の方とおうちを建てられる施主様と我々と、打ち合わせを行います。

打ち合わせ

そもそもアトリエ建築家って誰?どんな人?

ものすごーく簡単にわかりやすーくいうと、某テレビ番組『劇的○フォーアフター』的なヤツに出てくるような、建築家の方です。笑。

アトリエ建築家ってくくりはすごーく、漠然としてるくくりなんですが、一般にいうと、工務店やハウスメーカーに属さない、独立系の一級建築士のことを指します。

中には商業ビルやオフィス、公共施設などの設計を主に手がける建築家もいれば、一戸建てや集合住宅を得意とする建築家もいます。

 

あの、オリンピックのスタジアム建設のデザイン選定の時もいろいろな建築家の方々が話題になりましたよね~。

 

アズデザインがお願いする「R+houseのアトリエ建築家」は、上でいうところの一戸建て住宅を専門とする”建築士の方々”ですね。

一戸建て住宅が専門なので、

住まれる方それぞれのライフスタイル趣味価値観、そして将来のライフスタイルの変化まで見据えた柔軟性のある住み心地のいい空間をデザインしてくれます。

 

そうそう”建築士の方々”と言いましたけど、毎回施主様によって建築家の方は変わります。

全国のアトリエ建築家の集団で『マイスターズクラブ』というところに所属されている建築家の方の中から来ていただきます。

このマイスターズクラブに入るのも厳しい試験があるそうですよ~💦

 

今回の建築家は長江先生~!

今回は岡山県より長江紅美先生に来ていただきました。

長江紅美

すごく気さくな方で、施主のK様も話しやすそう~

 

1回目の打ち合わせ(ヒアリング)で、K様夫婦の人となりやライフスタイル、趣味などをヒアリングされ、2回目の今回は設計プランと、その模型!をもってきてくださいました。

 

平面の間取り図よりも模型はイメージしやすいね!

建築プラン_模型

100分の1で結構精巧に作られているので、図面で見るのと違って、すごーくイメージしやすいですよね!

間取り図だけではイメージしづらかった空間の広がりや生活導線もイメージが膨らみます!

説明を受けるKさん夫婦

模型を見ながら長江先生のプレゼンを聞いて、ご主人様は、

 

『と、とりあえず何も言うことがない!』

 

とおっしゃってました笑

 

 

今回は、この模型も持ち帰っていただいて、いろんなイメージをしてもらって、『ここはこんな風にしてほしいな』とかがないか考えていただきます。

そして、次の打ち合わせ時には、もうプランは最終決定へと進みます!

 

建築家先生との打ち合わせは、基本3回!となっています。

3回って少なそうですけど、そこはやっぱり住宅建築デザインを専門にするアトリエ建築家だけあって、K様ご夫妻のライフスタイルや趣味などのヒアリングする力と、それを形にする力がすごいんでしょうね~。

 

K様夫婦も現段階ですでに大満足のプランとなっていたようでした。

 

【番外】お子様も真剣に聞いてるwwむしろ一番真剣に聞いてるw

熊本の注文住宅会社ロジックさんを見学してきた!

熊本の注文住宅の会社の「ロジック」さんに見学に行かせてもらいました!

 

ロジックさんは、当社As designと同じく、アトリエ建築家と建てる、見た目もライフスタイル(間取りなど)もスタイリッシュ、かつ高性能(高気密・高断熱・耐震etc..)なおうちづくりをされている会社さんです。

月間だいたい15棟~20棟ほど完成して施主様に引き渡しをされているので、進行状況が様々な物件も多数あるとのことで、無理言って見学させていただけることになりました!

 

僕としては、各部の納まりについて(『納まり』についてはこちらのブログを!)や、現場を監督するにあたってどうしているのか、職人さんたちとのコミュニケーションや段取りの進め方などを見学できたらいいなって思って見学させていただきました!

 

まずはモデルルームに集合!

 

ロジック見学
弊社古田とLogicの北嶋さん

 

まずは合志市にあるモデルルームに集合しました。

そこから、建築中のおうちを5棟ほど見せてもらいました!

ロジック見学ロジック見学ロジック見学

ロジック見学
お忙しい中対応してくださった河野さんと

ワタクシ、ヨネっちが一番勉強になったこと!

基礎ができたばかりの物件や棟上げが終わったばかりのところ、あと10日ぐらいで完成するところ・・・いろいろな進行状況の物件を見せてもらったので、気になる納まりや、使っている部材の種類(水切り金物や、巾木)などとても参考になりました。

でも一番参考になって勉強になったことは、職人さんたちとの情報共有のあり方でした。

 

おうちを建てるときはたくさんの職人さんたちが関係してきます。

大工さん、電気屋さん、設備屋さん、左官さん、塗装屋さん…まだまだたくさんの職人さんたちが関わります。

でも、ひとつのおうちを作り上げるというプロジェクトにかかわる共同体であるので、工程の進行状況の共有はもちろんですが、図面なども共有しておくと良い!、のはもちろんですが、その共有のありかたが大事だなと。

 

大工さんには直接関係のない図面等も共有しておくことにより、段取りや工程のスムーズさも上がります。

 

情報共有用のアプリなどいろんなツールを使ってましたが、関わる職人さんたち全員を物件ごとにLINEグループ作って連絡事項を伝えるやり方は、すぐ取り組めることなんじゃないかと思います。うちはやってなかったですけど、そういう風にやってるとこは多いのかもですね。

 

得てして、工務の仕事は職人さん同士の”伝書鳩”のお仕事になってしまうことも多いですからね(笑)おれだけか~??

 

お忙しい中、時間を割いていただきました株式会社ロジックの北嶋さま、そして現場を案内していただきました河野さま、本当にありがとうございました!

 

勉強会のお知らせ

(このお知らせは2019年2月15日時点でのものです。イベント終了または申し込み期間終了している場合がございます。何卒ご了承ください)

2019年3月9日(土)に、『後悔しないための賢い家づくり勉強会』を佐々町文化会館で開催しますよ~詳しくはリンクをクリック!

後悔しないための賢い家づくり勉強会【2019年3月9日開催】

業界用語??「おさまり」って何だろう?

建築現場でよく出てくるワード「おさまり」

はいさい!

建築現場に行くと、大工さんとかからよく出てくるワードがあります。

「ヨネちゃん、ここのおさまりどがんするね」

「ちょっとここの取り合いがおさまりの悪かねぇ」

 

・・

・・・

・・・・

 

なーんとなくはわかりますよ。

パンツのなかのイチモツが定位置にない感じなんでしょー??

しっくりこない感じなんでしょー??

 

 

ってことで「おさまり」について調べてみた!

でも具体的にどんな状況で「おさまり」って言葉を使ってるんだろう~~っていっつも思っていました!

なーんとなく、雰囲気で、

「そ、そっすね。なーんかおさまりの悪かですね^^;」

 

とか返事してみたりはしてみてましたけど。。

 

なので、具体的に、どんな状況の時、「おさまり」って使っているのか、自分的にいろいろ調べてみました。

「おさまり」とは

漢字で書くと、「納まり」みたいですね。

 

ある部材と部材、

素材と素材(木材と金属とか)、

または、デザインとデザイン、

空間と空間(リビングとバスルームとか)など、2つ以上の部材や素材やデザインが接するところには、

「おさまり」

が発生するんですね~

 

ある地点から素材が変わるとき、そこには接合部分が発生します。

そこのつなぎ目をきれいにかっこよくつなぎ合わせると、「納まりが良い」になります。

 

でも「おさまり」って言葉が単純でないのは、そういう見た目やデザインについてのことだけをいうわけじゃないってことです。

 

技術上、構造上のことについても「おさまり」が発生します。

どういう工法でつなぎ合わせるか。

そーいうのも「おさめ方」であり「おさまり」っていうみたいですね。

 

 

「おさまり」にはどーやら正解がないこともある!

もちろん、多くのそういう異部材、異素材の取り合い部分は、設計図面の「詳細図」などで事前に「納め方」を書いてあります。

 

じゃあ、なんで現場で

「ここの納まり、どうする?」

みたいな会話がうまれるかというと、主に意匠的な部分(デザイン的なところ、見た目的なところ)で、図面作成時には判断できない部分があるからです。

 

そこには見た目の好みの問題もうまれますし、あとは実際住まれるかたの使い勝手なども考えてベストな、ベターな「おさまり」をさぐって考えていかないといけないってことなんですね。

 

 

ってことで、

すべての部分でいい感じにうまーく「納まりが良い」になれば、

見た目も、構造上も、技術上も、使い勝手や住みやすさも、

すっごくいいおうちになっていくんでしょうね~

 

自分ももっと勉強して、経験を積んで、最適解を最短で見つけられるよう頑張っていきたい、

と改めて思った次第でしたー!

リクシルショールーム見学!—ヨネっちの業務日誌

リクシル長崎ショールームの見学~!

 

はいさい!

今日はとってもいい天気でした~!

 

現場が空いているこの時期しかできないこと、ということで今日はリクシルの長崎ショールームに行ってきました。

LIXILショールーム

サッシや玄関扉、キッチン・お風呂・トイレ・・・その他タイルなどもある!

毎日暮らすおうちですから、キッチンなども素敵で機能的なものをご提案したいですもんね。

キッチンの天板の材質だけとっても、主なところでステンレス、人造大理石、セラミック系…などがあります。

カタログだけではわからない、素材の質感とか色味はやっぱり実物を見た方がイメージもわきます。

リクシル

特に注目したのはサッシ!

アズデザインがご提案するおうちづくりのなかで、大切なのものの一つに「高気密・高断熱」というのがあります。

そこに関係しつつ、外観の見た目に影響してくるのがサッシ。

機能性(熱還流率)の良しあしはもちろんですが、フレームが大きくなりすぎると全体のデザイン的にもさっとしてしまう場合もあります。

 

そんなこんなでいろんなグレードのサッシを内側からと外側から見比べることができたのは収穫でした!

 

性能もよく、なおかつ見た目もすっきりかっこいいのがいいですからね!

 

帰ってきてからも、カタログ見て勉強でーす!!

リクシルカタログ

勉強会のチラシ配り!

はいさい!

今日はめちゃくちゃいい天気♩

1月13日に開催する、

後悔しないための賢い家づくり勉強会のチラシをあちこちに配布してきました!

 

家づくりというと、見た目のデザインや予算に目が行きがちですけど、『おうちの性能』についても抑えておくべき事柄を教えてくれます。

もちろん、予算の考え方などについてもわかりやすく教えてくれますけど、このおうちの性能「スペック」のお話は、旦那さんとか男性にも刺さるお話だと思うなぁ~~。

 

僕もはじめ、男性は車やバイク、とにかく「スペック」「性能値」は好きですからねー笑笑

 

参加費無料、お子様連れもOK(ちょっとしたキッズスペース準備します♩)なので、家は建てたいけどまだまだ先だなぁーって方も、聞いとくだけでも今後の勉強になると思いますよ~!

 

詳しくはHPイベントページをご覧ください!

 

後悔しないための賢い家づくり勉強会 イベントページはコチラから!

 

それではみなさんの来場をお待ちしてまーす!

< 1 2 3 >

pagetop