ブログ

佐世保という土地で生まれる注文住宅の無限の可能性。誰かが誰かの助けになる支え合いの精神と心豊かな暮らしのカタチ。

みんな違ってあたりまえ、違いこそがその人の個性。多様的な考え方がデフォルトになったいま、ライフスタイルやワークスタイルのあり方にも大きな変化が生まれてきています。「心赴くままに生きていくこと、自分や自分の周りの人たちのしあわせのカタチを大切にしていきたい。」と話すのはアズデザインの代表の亀野明子さん。家づくりという仕事を通じて見えてきたという、いまの時代に合った暮らし方や働き方とは?ワークライフバランスの取り組み方についてお話を聞いてみました。

 

自分や周りの人にとって良いと思える選択肢が、それしかなかったから。

アズデザインを立ち上げた経緯を教えてください。

 

創業のきっかけは前職の倒産です。もともと注文住宅の営業をしていたのですが勤務していた会社の経営が傾いて社長がいなくなってしまいました 笑。給与も未払いが何ヶ月も続き私自身も住宅ローンを抱え生活もままならない状況でした。当然、転職も考えたのですが扱っていた商品が『一生に一度の買い物”家”』ということもあり、このままお客様たちを見捨てて転職しようという気持ちになれなかったんですよね。それで、私ができることはそんなに多くはないですが、信じてくださっているお客様たちや私自身も生き延びるためアズデザインを立ち上げることにしました。

 

周りの人たちに反対されなかったんですか?

もちろん反対する人がほとんどでした。私のことを心配して反対してくれる人や、私がやっていることが理解できずに何か裏があるんじゃないかと穿った目で影で足を引っ張って反対する人とか、これまでの人生では見ることのできなかった人間のいろんな部分が良くも悪くもクリアに見えてきましたね。いま思うとほんとうに良い経験をさせてもらいました。

 

会社経営という未知の分野での不安はありませんでしたか。

不安というよりも、これから先の人生を自分自身の選択で後悔なく、しあわせに生きていくために必要なタスクをひとつ一つクリアしていくだけという感覚でした。足りないものは何なのか“ヒト”なのか“カネ”なのか“モノ”なのか目的を達成するために必要なモノを調達する的な感じで、それが難しい場合また方法を考えるという繰り返しでした。それに漠然と、”これまで私が本気を出してできなかったことがなかったし、なんとなく私ならできるんじゃないか”という根拠のない自信がありました。お金はないけど”折れない心”と”周りの意見に左右されない独自の考え方”的なものが私にはあると。

 

実際に起業してみてどうでしたか。

実際は思うように行かないことばかりでした。ただ、そんなのは当たり前だと思っていたし、A案がダメだったら次はB案という感じで、やりながら試行錯誤していく過程は楽しくもありました。期限を決めて成果を出していく、それが達成できなかったら終わり(破産)というすごくシンプルな条件の中で、できることをやっていく。これまで起業したいと思ったことは1度もありませんでしたがやってみると、良いも悪いも全て自己責任という働き方は私にすごく向いていました。自分自身の手で道を切り開いていく感覚がとても心地よかったですね。

 

毎日を楽しく過ごすためにという働き方

働き方ついて何か気をつけていることはありますか?

そうですね。最近ワークライフバランスという言葉をよく耳にすると思いますが、私はそもそも仕事は”毎日を楽しく生きるため”に必要なお金を手に入れるための手段でしかないと考えています。ただ、やるからには結果を出したいし、お客様にも満足してもらいたいと考えているので仕事の時間は効率よく最大の結果が出せるように気をつけています。

ニーズ(目的)とウォンツ(手段)を明確に見極めること。

具体的にいうとどういうことですか?

仕事は基本的に問題解決の繰り返しだと思うんですよね。そのためには高い精度での現状把握が一番大切だと考えています。例えば注文住宅の場合、家づくりをおこなう上でお客様と何度も打ち合わせを重ねるのですが「何か家を建てる上でご希望はありますか?」と質問をすると「広い庭が欲しい」や「収納をたくさん欲しい」「LDKを広くしたい」など、すぐに意識しやすいウォンツ(手段)で言われることが多いんです。けど、実際はお客様が言われるウォンツをそのまま提供しても満足してもらえることって少なくって、それよりもニーズ(本当の目的)を知ることで問題解決の糸口が見えてくると私は考えています。そもそも初めて家を建てる方が殆どなので、具体的な有効手段を知っている方っていないんですよね。ヒトってこれまで経験してきたことや、見たことのあるモノの中からしか、発想ってなかなか浮かばないと思うんです。私たち住宅のプロは仕事上、新しい商品やデザイン・問題解決の方法など具体的な手段をたくさん持っていて、そこに一人ひとりのお客様からのウォンツをニーズに掘り下げることで、お客様への提案の選択肢が広がり、高い満足度の家づくりができるんじゃないかと思っているんです。

 

・ニーズは「目的」

・ウォンツは「手段」

全てはバランスが大切だということ信頼関係が成果につながる。

ワークライフバランスについて何か会社で取り組まれていることはありますか?

そうですね。これといって特に何か制度を設けているわけではありませんが、個人的に私が割と自由に生きたいタイプの人間なのでスタッフにも自由に働いてもらいたいと考えています。自由というのはただ好き勝手やるわけではなくて、スタッフ全員で目的を共有していくことで各自が自分の役割を責任を持って果たしていく。その結果にしか、満足度の高い仕事ってできないんじゃなかって考えているんですよね。なので、アズデザインには副業(?)でカフェの経営をしている大工見習いがいたり、子育てをしながら働くママがいたり、とみんな自分の暮らしを大切にしながら働いてもらっています。

極論言うと、勤務時間とか事務所への出勤って重要ではないと思っています。結果のクオリティはある程度高いものを求めますが方法はそのヒトのやりやすい方法でいいんです。やるべきことが終わったら早く家に帰って家族と楽しく過ごしたり、趣味を充実させたり。そういうプライベートの充実がかえって仕事の成果にもつながると考えています。

いま働く亀野さんを支えてくれるモノを教えてください。

やっぱり自宅のお気に入りの空間で夫と過ごす心地よい時間ですね。家に帰ると基本仕事のことは頭から消えます。休みの日は朝も遅くまでゆったりとベッドで過ごし、お風呂でゆっくりと温まった後のんびり身支度をして、軽くブランチ。夫と二人ソファでくつろぎながら映画やTVを観つつアイスを食べる。そんな何気ない日常が私にとって何ものにも代えがたい大切な癒しの時間です。あと、夫のお餅のような柔らかなお腹にもいつも癒されています♡アニマルセラピー的な感じですね。

健康で好きな仕事ができ、大切な人とのしあわせな暮らしに毎日感謝しています。

 

土地がない。建築の力で広げる佐世保での注文住宅の無限の可能性。

これからのアズデザインという会社のあり方。

これまで注文住宅を提案してきて、お客様と一緒に家づくりをおこなってきた経験や私自身も家を建てて、そこで暮らしてみた中で見えてきた想いを多くの人たちにお伝えしていきたいと考えています。佐世保という土地は海と山に囲まれた坂の多い街で、家づくりを考えている方にとっては土地がないというのが一番の悩みだと思います。だから、高いお金をかけて分譲地を買うしかない⇨予算がないから建物の性能はあまりこだわれない⇨結果、あまり快適とは言えない暮らしに家を建てて後悔している。そんな人が多くいるのが現状だと思います。土地から考えるのではなく、自分たちの暮らし方から見えてくる予算や建築計画を実現するための”土地を選ぶ”という方法。土地のデメリットを魅力的な個性として活かせるような建物の設計。そこに住む人たちの個性や暮らし方をカタチにしていく。そんなオンリーワンな家づくりのお手伝いをしていきたいです。

あけましておめでとうございます。2021年もよろしくお願いいたします

新年あけましておめでとうございます。

今年の始まりも祐徳稲荷神社で初詣からです。

本年もよろしくお願いいたします。

心地よく心豊かな暮らしを持続可能なものに

昨年はコロナという未知の感染症の世界的な蔓延で私たちの生活は一変してしまいました。

これまで、あたりまえに行えていたものに様々な制限がかかり、

初めは不自由に思うことも多かったと思います。

ただその中で得られた経験はこれから先の人生を豊かにするためのヒントがたくさん隠されていたような気がします。

自分や自分の大切な人の命を守るための行動がこれからの未来をつくっていきます。

『何気ない日常の幸せな暮らし』

私たちは家づくりを通して、心地よく心豊かな暮らしを持続可能なものにするために

これからも皆さんの家づくりのお手伝いを続けていきます。

 

Architecture+Art

sustainable

design

 

As design

亀野明子

 

✳︎✳︎✳︎

佐世保市近郊で家づくりをお考えの方はいつでもご相談いただけます。

↓↓新築やリフォームのご相談はこちらからご予約いただけます↓↓

お問い合わせフォーム

 

完成見学会 nonaka

完成見学会 Re:ootakedai

 

年末年始休業のお知らせ


 

誠に勝手ながら、下記の期間を年末年始の休業とさせていただきます。

お客様につきましてはご迷惑をおかけいたしますが、

何卒ご理解いただきますようお願い申し上げます。

2020年12月29日(火)から2021年1月3日(月)まで

 

来年も弊社をご愛顧いただきますようお願いたします。

 

 

 


 

 

 

リフォーム完成見学会

1月23日(土)・24日(日)開催!! ☆参加費無料☆

お施主様のご厚意によって2日間限定で完成見学会を開催する運びとなりました。
書籍やパンフレット、WEBだけでは伝わらないアトリエ建築家によるデザインを体感できます。


性能・快適さも体感できる絶好の機会となっております。
皆様のご参加お待ちしております。

 

新型コロナウイルス対策として

少人数での対応

また、1時間1組の予約制とさせていただきます。

 

 

ご予約はこちらのクリックもしくはQRコードからお申し込みください。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

完成見学会詳細・予約申込はこちらから

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

完成見学会

1月16日(土)・17日(日)開催!! ☆参加費無料☆

お施主様のご厚意によって2日間限定で完成見学会を開催する運びとなりました。
書籍やパンフレット、WEBだけでは伝わらないアトリエ建築家によるデザインを体感できます。


性能・快適さも体感できる絶好の機会となっております。
皆様のご参加お待ちしております。

 

新型コロナウイルス対策として

少人数での対応

また、1時間1組の予約制とさせていただきます。

 

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

完成見学会詳細・予約申込はこちらから

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

 

 

今後、リフォームを検討されている方の参考になればと

リフォーム完成見学会も予定しておりますので

次回更新をお待ちください(^^)

 

 

 

 

 

 

月刊ハナラボ掲載 FLOWER STORY 「巣作りのお手伝い」As design代表取締役 亀野明子

令和二年五月号ハナラボFlower掲載

「巣づくりのお手伝い」亀野明子さん As design

 

ステンドグラスのドア

以前はカフェ、その前はアパレルショップだった雰囲気のある空間が彼女の事務所。窓から自然光が溢れ、壁にはアート作品が飾られている。

 

 

テーブル

国道沿いにあることを忘れてしまう、どこか別の国の古い街並みの一角のような外観。建築家と共にお客様が家づくりの話をする木製の大きなテーブル、奥には彼女のデスクがある。何もないところから会社をはじめたという彼女の幼少期は、おとなしくマイペースで勉強や運動に大きな興味を持たなかったという。地元佐世保で高校を卒業すると、佐賀の短大へ進学。家庭科教諭・養護教諭の免許が取れると聞いて「おもしろそう」と思ったのが動機だった。

 

 

転職そして転職

就職活動をスキップ。「最初はいいんじゃない」と賛成してくれていた母が「そろそろ働いたら?」とアルバイトの話を持ってきた。以降、いろんな職場を体験した。さほど働きたいと思ってはいなかったが、目的が出来たら最短で効率よく動くのが好き。意欲を上回る適正があった。新しいことを覚えるのが楽しくて、二、三カ月で仕事に慣れる。公官庁、飲食業、バーテンダー、歯科医師助手など二年ほど過ぎると職替えをしていた。職業訓練校に通った後になりたい職業が無く「食いっぱぐれない資格を取ろう」と宅建を取得、住宅系の会社に就職した。

 

晴天の霹靂

後に系列会社に転職。土地の知識、建物の知識、デザイン、税金、資金のこと、勉強することはたくさんあり、先が見えないのが面白かった。営業職に就いて半年で契約が取れた。お客様の家を建てるのは大きな責任が伴う。仕組みを知る為に研修があれば受講した。知識がないと受けられない研修には知識を蓄えて臨む。受けたい研修の受講資格が経営者と知ると社長に頼み込んで一緒に出かけた。仕事に邁進、ローンを背負って自分の家も建てた一年後、勤務先の会社が倒産した。給料の未払い、業者への未払い、お客様の夢のマイホーム工事ストップ。会社の中も外もありとあらゆるネガティブな感情が渦巻いていた。ネガティブな動きを見ていて悲しい気持ちになった。

 

 

この状況から先へ

何かできることはないのか?なんとかしないと!この状況から先を良くしなければ。このまま放り出して他に就職は出来ないと思った。工事途中のお客様のうち、十件程は彼女が関わっていた。お金は戻らない、ないところからは取れない。それでも、お金を手出ししてでも建てた方がいいと伝え続けた。現状足りないものは何か、しなくてはならないことは何か。計画を立て直すのにアドバイスや協力してくれそうな方々に相談した。「なぜ、あなたがそこまでするの?」何度も問われて「解決しなかったら先の私が楽しくない」と答える。出来なくて責められるかも知れない、でも、全力でやってみないと自分が後悔する。人の為であり、自分の為の行動だった。

 

繋がるもの

時期を一年と決めて集中した。半分は人間不信、半分は人の有難みを感じる日々。何か先に繋がるものがあるから、人は動くと気づいた彼女は、解決のプロジェクトを法人にした。経営の勉強をしたことが無かったけれど、具体的な経営計画を立てなくてはならない時期に来ていた。他の住宅会社や別のルートから人づてに完成した話も聞けたのは、勤務先の会社が無くなって一年間が過ぎた頃だった。建てるまで関われたお客様の笑顔を見て、改めて、家を建てて満足して頂けるように、お客様と関わりたいと思った。

 

デザイン性と機能性

お客様の個性に合わせた家づくりに大切なことは何か。快適で健康的、望む性能を持つ家。コストを大きく掛け過ぎたら後の生活に負担がかかる。オシャレなだけではダメ、光熱費や維持費も経済を圧迫せずに暮らせえる家。お客様自身が知ることで見えてくることがたくさんあると自身も家を建てた彼女が言う。家の作り方もどんどん変わっている。土地の選び方、性能、予算、設計。建てて良かったと笑顔になる家づくりへ人と人を繋ぐ。

 

楽しく生きていくため

彼女にとって仕事は生活の為、家族と楽しい時間を過ごす為、楽しく生きてゆくための欠かせないもの。新築注文住宅を軸に「毎日の暮らしが楽しくなる家づくり」をしてきた。立ち上げから二年、リフォーム、保険、パン教室など、暮らしを彩る「楽しい」情報発信基地へと根を張り、枝を伸ばしている。

 

 

目覚めて、くつろぎ、

出かけて戻って、休む場所

日常を豊かにする空間づくりを目指して

 

 

 

ライター CHIKA

ブログ「『お花畑で寝転んで』おおげさなくらいでちょうどいい実行委員長CHIKA」

https://ameblo.jp/whenyouwishuponastar0603/

[YouTube]chikakia

あたらしい仲間がやってきました。

As designに新たに仲間が増えました。

みなさん、よろしくお願いいたします。

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

その他の仲間はこちらから

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

ながさきプレスの最新号に掲載されました【As design|アズデザイン】

【ながさきプレス】2020年5月号 特集:あたらしい佐世保のあるきかた

佐世保の特集号にAs design(アズデザイン)の記事が掲載されました。

そのほかに、佐世保のラーメンやグルメ情報など、たくさん掲載されてます。

コロナの自粛中のおうち時間で、コロナ終息後に行きたいお店をピックアップしておくのにぴったりの内容ですね。

https://www.nagasaki-press.com/publication/press/post-105708-3-5/

 

佐世保で注文住宅を建てるならAs design

住む人の暮らしをさらに素敵なものにするために。

時の経過と暮らしもプランニング。家を建てて終わりではなく、建てた家で豊かな人生を描くための家づくりを提案しています。

今、コロナの影響で働き方や自宅での過ごし方など大きく見直されていますよね。本当に自分たちに合った家づくりは暮らしを豊かにしていきます。

おうち時間が増えている間にこれから先の家族の過ごし方を考えてみるのもいいですね。

 

As designでは家づくりに関するセミナーを定期開催しています。

気になる方は、まずは一度ご参加してみてくださいね。

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

家づくり勉強会の詳細やお申し込みはこちらから

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

ミモザの季節

少しだけ自己紹介

はじめまして。こんにちは。

今年の冬はインフルエンザにかからない!

と心に決め、鼻水だらだらの娘二人と毎日格闘中のushiです。

基本事務所にて作業してます。かっこよく言うとCADオペレーターです。たぶん。

ブログ初登場です。よろしくお願いします。

そんな私の毎日の戦いにはティッシュが必須アイテムなのでポケットにはいろんなティッシュが入ってますwwww

とにかく今のところ風邪は引くもののまだインフルエンザには負けてません!

紅茶を毎日飲んでます!!!!!コーヒーも飲んでます!

もちろん新型コロナウイルスにも負けてません!!!!

がんばるぞー

ミモザの季節

いきなりですが、ミモザの季節ですねー

あれ?

れ?

そろそろ終わりかな?

ということで、

As designの事務所にもかわいいミモザを飾っています。

 

 

小さな黄色のマル。

かわいいですよね。

かわいい♡

かわいい♡

そして、そのかわいいミモザの後ろに、そう知る人ぞ知る雑誌 mamagirl

なんとこの雑誌 mamagirl 春号2020 にAs designが掲載されました!!!!

表紙はモデルの近藤千尋さんとジャンポケの太田さん夫妻です!

172ページに掲載されてますよ。

同時にwebにも記事が掲載されてますので是非のぞいてみてくださいね!!!!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

♡mamagirl春号2020♡

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

 

ミモザから無理やりmamagirl掲載にこじつけましたが

事務所からは以上です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【注文住宅で後悔しないために】知らないと怖い建築会社の倒産リスク!「住宅完成保証制度」を利用して安心して家を建てる方法教えます

これから注文住宅を建てようと計画している人は、ハウスメーカーや工務店などを回ってデザインや価格・性能・住宅ローンの支払いや金利etc・・家を建てる上でのメリットやデメリット・リスクなど色々とリサーチしてると思います。その中でも特に大切なのに、意外と知らない人が多いリスク「建築中の建設会社の倒産リスク」。土地も決まりプランも納得でき、工事に着手すると夢のマイホームづくりが始まったワクワク感でいっぱい、楽しい妄想が膨らみます。しかし、着手金を払ってこれから着工というときに、依頼した工務店やハウスメーカーが倒産してしまう、といったリスクは無い話ではありません。

 

実際に以前私が働いていた住宅会社は倒産して多くの人を地獄に落としました。。私もお客様のために、少しでもできることはないかと考えて必死でした。ただ、お客様のために力になりたいと思っても、私自身突然職をなくし収入ゼロ。自身の住宅ローンを抱えながら、生活もままならない状態。この世に地獄って本当にあるんだな〜と思ったのを覚えています。それがきっかけでこのAs designを立ち上げるのですが・・と話が外れたので元に戻します。そのときの詳しい話はこちらから←

 

工事がストップした上に、お金も戻ってこないという”この世の地獄”状態。そんな最悪な状態を回避するために「住宅完成保証」という制度を利用しましょう。ちなみに上記の倒産した会社は「住宅完成保証制度」に加入してませんでした。ほんとに最悪です。・・私よく生き延びれたな。。

そんな注文住宅建築の命の綱「住宅完成保証制度」それがどういうものなのか知らない人のために内容と活用方法について説明したいと思います。

家を建てる前に必ず加入の有無をチェックしてくださいね!!!!!!!!(必死)

 

読むのが面倒という方はこちらの動画をチェック↓ (所要時間約10分)

住宅完成保証制度とは

住宅完成保証制度」とは、注文住宅の建築中に工事請負会社が倒産して工事がストップした場合に、発注者(施主)が最小限の負担で完成まで工事を進めることができる制度のことです。

では実際に、建築中の建築会社が倒産するとどのようなことが起きるのでしょうか。

手付金や着手金など支払済のお金が戻ってこない

会社が継続困難になっている場合、その会社にお金はありません。工事の出来高よりも多く支払っていたとしてもお金が戻ってくることはありません。それどころか、出来高よりも支払い金額が少ない場合は破産管財人から差額を請求されるケースもあります。

中断した工事を引き続いて請負ってくれる会社がみつかりにくい

同じ木造住宅建築会社と言っても、会社によって性能やデザインが違うと工法や材料・仕上げる順番など様々です。工事途中の物件の現状把握をするだけでもかなりの時間と労力がかかります。予期せぬ危機的状況の中、資金も潤沢にあるわけでは無いケースが多いので、引き受けてくれる会社を見つけるのは大変むずかしいです

引き継いで請負ってくれる会社が見つかっても割増料金が発生する場合が多い

それまで工事をしていた協力業者や職人などが現場から全て撤退しているので、元々あったものも再設置が必要になります。その場合、二重に費用がかかります

 

そもそも工事代金の残額では工事代金が足りない

工事の進捗によっては、まだ支払っていない資金(中間金や最終金)を使っても最後まで建築するには足りない可能性も大きいです。そうなると、建築途中のまま残された中途半端な建物と土地と支払い期限のせまったつなぎローンが残ります家が完成しない、これが一番最悪のケースです。

「住宅完成保証制度」は工事中のリスク回避の命綱

住宅完成保証制度では、事前に決められた保証内容を利用して住宅の完成まで工事を進めることができます。提供している団体によって保証内容や支払いの仕組みなど様々です。具体的にいくら保証されるかは実際に建てる会社に確認しておく必要があるのでしっかりチェックしましょう

保証制度の種類

住宅完成保証制度は大きく分けて3つのタイプに分けられます。

保険タイプ

保険タイプは、会社が保険料を支払って支払済の工事代金と出来高の差額などの損害を一部補填するのものです。「住宅保証機構」が扱う住宅完成保証制度やリクルートの「スーモカウンター完成あんしん保証」などがあります。希望する場合は工事引き継ぎ会社の斡旋なども行ってくれます。

エクスロー(第三者預託)タイプ

住宅ローンで借りた建築資金を保証会社が預かって、工事の出来高に応じて建築会社に支払うことで損害を最小限に抑えることができる仕組み。

共済タイプ

全国の建築会社で団体を作り、加盟店が倒産等によって工事を継続することが不可能になった場合、近隣の加盟店が協力して工事を引き継ぎ、完成の支援をするサービスです。ちなみに、As designではこの共済タイプの「R+house」の加盟店で設立された「R+house完成保証サービス」に加入しています

※R+houseについては、こちらを参照ください。

 

保証制度の利用方法

住宅完成保証制度を利用するためには、建築を依頼する会社がその制度に加入していることが必須条件になります。そもそも、この制度は法律で義務付けられているものでは無いため加入していない会社も多く存在しています。制度を利用したい場合は、実際に工事を依頼する建築会社や工務店に制度に加入の有無と保証内容を確認の上、手続きを進めてもらいましょう。

基本的に、会社が入る保証制度のため建主に費用の負担はありません。ただし、工事代金に含まれている場合もありますので契約時に確認してみてください。

建築中の倒産リスクを回避するために

家を建てて後悔しないために倒産しそうな会社を見分けましょう

いくら完成保証制度に入っているからと言って建築中に倒産なんてイヤですよね。倒産しそうな会社というのは基本的にお金がありません。着手金で多額の金額を請求してくるような会社は危険です。通常注文住宅では支払いを3回に分けて行うことが一般的です。

  1. 着工前に着手金(30%前後)
  2. 上棟後に中間金(30%前後)
  3. 完成時に最終金(20〜40%)

それを大きく超えるような「最初に全額支払ってほしい」などと請求された場合は注意が必要です。言われるがまま支払わずに誰かに相談しましょう。

どんな会社でも倒産する可能性はあります!

完成保証制度に加入するためには、保証会社が経営業況などを調査して審査をクリアした、信用上問題ないと判断された会社しか加入できませんしかし、そういった会社でも倒産してしますことはあります。どんなに大きな企業でも震災や世界情勢など予期できない事態で経営状況が悪化して、融資ストップで事業継続ができなくなる、なんてことも考えられます。着工から完成まで何ヶ月もかかる注文住宅の建築。最初は大丈夫でも途中で思わぬ事態に陥ることも。「大きな会社だから絶対大丈夫!」なんてことはありません。少しでもリスクを回避して家づくりを進めていくために保証制度を利用して備えたいですね。

 

この記事を書いた人

亀野 明子

 

< 1 2 3 4 >

pagetop